診療案内|嶋歯科クリニック|兵庫県西宮市和上町の歯科医院

〒662-0971 兵庫県西宮市和上町1-5

0798-36-8686

メニュー

診療案内

歯周病治療

歯周病は痛みといった症状が乏しいまま進行してしまう病気で、口臭や歯を失う原因になるものです。中でもたばこを吸っている方は、歯茎からの出血といったサインが出にくく、気がつくのが遅れがちとされています。当院で早期発見し、二人三脚で治療していきましょう。

歯に付着した汚れが硬くなるとバイオフィルムや歯石となり、これらには歯周病の原因となる細菌が多く含まれています。そのため、治療はスケーリングといって歯の表面や歯茎との隙間に入り込んだ歯石を取り除くことが基本です。

お口の状態は、位相差顕微鏡を使った検査で患者さまご本人にも確認していただくことができます。お口にバイオフィルムや歯石が多くあり状態が悪い時は、細菌も多く見られます。スケーリングを経て細菌が減っていく様子を、一緒に確認してみましょう。

なお、歯ぎしりや食いしばりなどでお口のどこかに過剰な力がかかっていると、その箇所は歯周病が悪化しやすい傾向にあります。その場合は、就寝時に使用するマウスピースを作製したり噛み合わせの治療をしたりすることで、改善を目指します。

インプラント治療

当院では、その患者さまにはインプラント治療が可能かどうかを歯科用CTを使ってしっかりと診査診断し、手術の流れをシミュレーションしています。使用する材料は、骨の状態や埋入する箇所によって使い分けるようにしました。また、手術を伴いますので、滅菌対策には力を入れています。

インプラントの魅力は、自分の歯に近い感覚でしっかり噛むことができ、見た目も自然という点です。ほかに歯を抜いた箇所を補う方法としてブリッジと入れ歯がありますが、ブリッジは支えとなる両隣の歯を削らなくてはならず、入れ歯は粘り気のあるものや硬いものが噛みづらいとされています。

しかし、インプラントにも弱点があります。外科的な手術を必要とするものであり、自由診療なので費用負担が大きいということです。また、よく噛めるとは言え天然歯と同じ噛み心地ではありませんし、日々のお手入れを怠れば、天然歯と同じように抜けてしまいます。

天然歯に勝るものありません。残った歯を大切にするとともに、インプラント治療後はメンテナンスにもおいでください。

予防歯科

虫歯や歯周病は治療が終わっても再発する可能性があるものです。ぜひ、定期的にメンテナンスを受け、予防に取り組みましょう。メンテナンスでは、お口の中を検査して汚れを取り除き、歯磨きのアドバイスをします。

当院のメンテナンスは、歯科衛生士が中心になって実施します。異変を見逃さないよう多角的な視点で見るため、あえて歯科衛生士の担当は固定していません。もし担当者のご希望がありましたらお応えすることもできますのでお知らせください。

歯科医院で行うお口のクリーニングには専用の機器を使っており、普通の歯ブラシでは取りにくい歯石も落とすことができるのが特徴です。たばこのヤニなども落ち、歯の表面がツルツルになって汚れがつきにくくなるのもメリットと言えるでしょう。

メンテナンスの頻度は、お口の状態によって1か月から3か月と様々です。患者さまごとに個別にお知らせいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

ホワイトニング

歯の変色でお悩みの方には、ホワイトニングをおすすめします。当院はホワイトエッセンス加盟店であり、院内に「ホワイトエッセンス阪神西宮店」を併設しています。これは、歯科衛生士がカウンセリングからご説明、プラン作成、施術まで一貫して対応するのが特徴です。

一度のホワイトニングで得られる歯の白さには限界がありますので、継続して施術できるよう、結婚式や入学・卒業式に向けて歯を白くしたい方は、早めにご来院ください。

また、高濃度のホワイトニング薬剤は歯に負担がかかり、知覚過敏などの副作用が出やすくなってしまいます。歯に優しい低濃度の薬剤でじっくりと歯を白くするためにも、回数を分けて計画的に来院することをおすすめします。

当院では、一般的な治療とは別にホワイトニング用の空間を設けています。リラックスして、美しさを追求していただければと思います。

美容診療

お口元は食べ物を噛むだけでなく、お顔の印象を左右する大切なパーツです。治療跡や形が気に入らない歯を、白く美しい見た目にすることで、患者さまがすてきな笑顔を手に入れるお手伝いができたらと思います。

虫歯で削った箇所を修復する詰め物・被せ物の材料としては、オールセラミックとジルコニアをご用意しています。ジルコニアは白いだけでなく非常に硬い材料ですので、奥歯の修復におすすめです。前歯については、より自然な美しさを追求しやすいオールセラミックがよろしいかと思います。

当院では、これらの技工物を患者さま一人ひとりのお口に似合うものにするため、基本的に前歯部については歯科技工士立ち合いのもとで色味の調整をしています。

また、歯に付け爪のように材料を貼って形を整える、ラミネートベニアもご提供いたします。こちらは、すべてのケースで歯科技工士が立ち合い、美しい形や色になるよう調整します。

笑顔にもっと自信が持てるよう、ぜひご検討ください。

矯正歯科

歯並びが気になって、うまく笑えないとお悩みではないですか?矯正をすれば、歯並びが整うだけでなく顎のシルエットもバランスが良くなり、よく噛めるようになります。噛み合わせの悪さに起因する頭痛がなくなり、歯磨きがしやすくなるのもメリットとして挙げられるでしょう。

矯正を必要とする「不正咬合」には、実は様々な種類があります。よく知られているのは「叢生(そうせい)」で、歯並びがでこぼこしている状態のことです。上顎が出っ歯になっているのは「上顎前突」、下顎が突き出して受け口になっているのは「下顎前突(反対咬合)」と言います。

また、上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている「過蓋(かがい)咬合」、歯を噛み合わせた時に前歯が噛み合わずに隙間ができる「開咬」というものもあります。歯と歯の間に隙間があるすきっ歯のことは歯科医院では「空隙歯列弓」と呼んでいます。

それぞれ治療する方法や時期がことなりますので、少しでも気になることがありましたら、まずはご相談ください。お子さまの生え替わりを利用した矯正も実施しています。

小児歯科

小児歯科は、お子さまのお口を虫歯がないままきれいな歯並びの永久歯へと導くことを目標としています。虫歯の原因となる細菌は乳歯が生え始めた6か月頃から3歳頃までに身近な大人から感染することが多いので、幼いうちから親子で予防に取り組みましょう。

赤ちゃんへの虫歯菌感染を防ぐため、まずは接する機会が多いお母さまのお口を健康に保ちましょう。お母さま自身の虫歯を治療するほか、歯磨きなどのアドバイスを受けることもおすすめします。細菌が全部なくなることはありませんので、治療が済んでも赤ちゃんに口移しで食べ物を与えることは避けていただければと思います。

もちろん、お子さまに歯が生え始める前から少しずつ慣らし、歯磨きを習慣にすることは、なにより大切です。お子さまが自分で歯磨きをするようになっても、仕上げ磨きをしてあげましょう。また、一定量より多い砂糖がお口の中にあると虫歯菌のエサになりますので、ジュースや乳酸飲料、スポーツ飲料、炭酸飲料は控えめにすることをおすすめします。

お子さまのお口に虫歯がなくても、予防のため、歯科医院にも定期的にお連れください。歯質を強化するフッ素塗布は、幼いうちからのほうが虫歯予防に役立ちます。

入れ歯

入れ歯は歯を失った場合に大変ポピュラーな治療方法です。当院では患者さまのため、お口にフィットし快適に使える入れ歯作りに取り組んでいます。たとえ患者さまが歯を失っても、食べる幸せやおしゃべりの楽しみをあきらめてほしくありません。

当院では、患者さまのご希望に応じて保険の入れ歯から自由診療のノンクラスプデンチャーやシリコン義歯まで扱っています。ノンクラスプデンチャーとは一般的な部分入れ歯にある金具がついていないもので、入れ歯であることを他の人から気付かれにくいのが特徴です。薄くてフィット感がいいのも、魅力の一つと言えるでしょう。

また、総入れ歯で痛みを感じている方には、シリコン義歯をおすすめしています。これは、粘膜に触れる面にシリコンのシートを貼り付ける入れ歯で、シリコンがクッションの役割をするため、痛みが和らげられるというものです。

ただし、入れ歯で痛みがある場合はお手入れの問題であるケースも考えられます。そのため当院では、入れ歯のお手入れ方法についても詳しくお伝えし、ストレスのない入れ歯生活をサポートしています。