〒662-0971 兵庫県西宮市和上町1-5

TEL 0798-36-8686
E-PARK歯科 ネット予約受付中

兵庫県西宮市和上町の歯科医院

インプラント

Mobile Site

インプラントについて

現在のインプラントはほぼ完成されたと考えております。数年前までは、インプラントを入れる位置や状態により、不可能であったものが現在ではほとんどのケースで可能となっております。
それは、インプラントそのものの変化だけではなく骨を作るという技術が進んだためです。
とは言うもののやはり最初の診断が一番重要です。そのために当医院ではCT撮影を行い、コンピューターで立体的に分析(SimPlant)を行ってから手術しています。

インプラントの利点と欠点

ブリッジや義歯と比較してみると・・・

ブリッジ

利点
自分の歯と同じように噛むことができ、違和感が少ないです。
欠点
ブリッジを固定するため、両隣の歯を削る必要があります。

義歯(入れ歯)

利点
清掃が簡単にでき比較的治療時間も少なくて済みます。
欠点
硬いものや粘り気のあるものでは苦労することがあり、違和感を覚える人が多いです。

インプラント

利点
自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じように噛むことができ、見た目もきれいです。
欠点
インプラントを埋め込むための手術が必要です。保険適用でないため費用がかかります。

最近のインプラントについて

以前は、インプラントをしようとするところの骨は半年以上前に歯を抜いた場所か、歯を抜いてから半年以上骨が出来るのを待たなくてはなりませんでした。よって、治療期間も長くなり、歯のない期間も長くなってしまっていました。
しかし最近では、歯を抜くと同時にインプラントを入れることが出来るようになり、治療期間も歯のない時期もかなり短縮できるようになりました。

インプラントQ&A

1.インプラントとはどのような治療でしょうか?
自分の歯がなくなったところの骨に金属(チタン)を埋め込んで、人工的な歯の根を作る方法です。金属を埋め込んでから骨の状態とインプラントの種類によって6週間から3ヶ月で骨とくっつきます。その後、埋め込んだ金属の上に歯を作り、歯を失う前と近い状態にします。

インプラントの構造

インプラントは、顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部のおよそ3つの部分から構成されています。

2.どのような症例がインプラントに適していますか?
インプラントが出来ない症例はほとんどなくなってきましたが、特にインプラントをするのに適した例を示して見ましょう。

一本の歯が欠損した場合

ブリッジと言う治療方ですと、両側の健康な歯を削らなければなりませんが、インプラントの場合、削る必要はありません。


  • 施術前

  • 施術後

上顎または下顎のどちらかの歯列の端の歯がなくなっている場合

従来の部分的な入れ歯で治療を行った場合は、軟組織で保持するだけなので色々な問題が生じました。インプラント治療の場合、固定式のブリッジが応用されます。


  • 施術前

  • 施術後

フルデンチャー

従来の入れ歯は、軟組織だけで保持されます。インプラント治療の場合、咀嚼または発声時に、インプラントによって動くことなく保持されます。


  • 施術前

  • 施術後
3.治療はどのように行われますか?

治療計画は、通常、術前の管理から始まります。

最初にあなたの歯と歯肉のすべてをチェックします。インプラント治療を始める前に、歯周病(歯槽膿漏)はまず一番に治す必要があります。虫歯についても同じです。その他に一般的な健康上に異常があったり、何らかの投薬を受けている場合は、相談が必要です。疑問がある場合には、尋ねたり、予想される事柄をお知りになって下さい。

また、特に上顎では上顎洞という空洞があり、形も複雑で平面のレントゲン撮影だけでは診断が困難なため、CT撮影を行い立体的に分析、診断しています。そして、あらゆる事をお互いに理解しあった時に、初めてインプラント治療を行います。

手術は、局所麻酔だけか鎮静法(動脈ない鎮静法)を伴うかどちらかで行います。局所麻酔を行うと、インプラント床を形成して、インプラントを挿入し軟組織を縫合し閉じ込めます。これは小さな外科手術であり、その後の影響は抜歯と同じです。インプラントは軟組織の下に埋め込まれ、治療期間中軟組織が口腔内での、負荷や露出からインプラントを保護します。こうして治療は衛生的に進みます。

それぞれの条件にもよりますが、治療期間は、インプラントが骨にしっかり保持される(オッセオインテグレーション)、までに、ほぼ6週間~6ヶ月かかります。その後支台部をインプラントに装着し、その上に“新しい歯”が作られます。

4.誰でも治療はできますか、寿命はどのくらいですか?

成長期を過ぎた成人であればほとんど可能となってきましたが、骨粗鬆症や糖尿病、高血圧などコントロールし注意が必要な全身疾患はありますが、絶対できないということではありません。

しかし、喫煙に関しては手術後治癒に直接関係してくるためできるだけ禁煙をお願いしています。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。あなたの口腔衛生状態が不十分な場合はインプラントの治療を行えないことがあります。

どれだけ長くインプラントを利用できるかは、あなた自身に大きくかかわっています。口腔衛生状態が良好であれば、インプラントの脱落につながるような炎症と、感染を防ぐことができます。良好な口腔衛生の維持と定期的なリコールについて、歯科医の指示に従っていただければ、永続的にトラブルなく補綴物を使用することができます。

新しい生活

あなたの“新しい歯”が、あなた自身を取り戻す手助けになるとお考え下さい。インプラント治療でも補綴物(ブリッジや入れ歯)はなくなりはしませんが、大きさが小さくなり、より自然で機能的なブリッジまたは入れ歯にする事ができます。あなたやお友達、まわりの人たちも、固定式のブリッジや入れ歯が機能的で審美的な為に、つけていることを誰も気付かないでしょう。

インプラントによるしっかりとした固定により、以前と比べて咀嚼力を高めることができ、再び食事の楽しさを味わうことができるでしょう。あなたの言葉は、自然な声で響き、完全な自信を持ってお話しする事ができるでしょう。

5.実際のインプラントの症例
 

症例1


  • 施術前

  • 施術後

症例2


  • 施術前

  • 施術後
PAGE TOP